ドラえもん

12月
藤子不二雄『ドラえもん』第18巻が発売され、その初刷りは100万部。「ドラえもん」は小学館発行の「小学一年生」から「小学六年生」、「てれびくん」の月刊7誌に連載、今春登場したテレビ・アニメの視聴率は25~30%の好視聴率。
「ドラえもん」は小学校低・中学年に支持されている。ドラえもんがもつ小道具で、のび太君の苦境が万事解決するわけではなく、必ずシッペ返しがくる一種の道徳で終わる古典的な漫画であるが、子供たちにとってはドラえもんの小道具として次になにが出てくるかがひとつの魅力になっている。

【昭和54年】広告

5月
「広告批評」創刊。

9月8日
朝日新聞紙上に、「ストップ・ザ・汚職議員!」の浄財募集広告。出したのは”汚職に関係した候補者に投票をしない運動をすすめる会”(代表世話人・市川房枝)。

*きみは薔薇より美しい(カネボウ化粧品)。

*ナツコの夏(資生堂)。

*トースト娘(全日空)。

*男はみんな一度は不良少年だった(シンプルライフ・レナウン)。

*キミが好きだというかわりに、シャッターを押した(オリンパス)。

*ああ、スポーツの空気だ(伊勢丹)。

*女の時代(西武百貨店)。

*時代の心臓を鳴らすのは誰だ(パルコ・沢田研二)。

*戦車が恐くて赤いキツネが喰えるか(東洋水産・武田鉄矢)。

*ワンカップ大関(萩原健一)。

*「男には男の武器がある」(アルギンZ・若山富三郎)。

*「女には前と後ろがあるのです」(ワコール)。

【昭和54年】テレビ

1月28日
NHK、初の衛星生中継で南極大陸の素顔を伝える。

3月
篠山紀信の「激写・山口百恵」NHKで放映。

4月1日
日本テレビが後楽園での巨人─阪神戦で投手のボールにスピード・ガン初使用。

6月3日
南沙織・篠山紀信結婚。

7月30日
関根恵子が出演中の舞台を放り出し、愛人の作家河村季里と海外に雲隠れ。

11月8日
大阪空港に取材陣のスポットを浴び帰国。

11月7日
松方弘樹・仁科明子が結婚披露宴。

12月31日
美空ひばり、七年ぶりに「紅白歌合戦」に出場。

*「長七郎天下ご免」(里見浩太朗)「草燃える」(岩下志麻)。

*「3年B組金八先生」(武田鉄矢・近藤真彦・田原俊彦ら)「花王名人劇場」。

*「西部警察」(石原裕次郎・渡哲也)「戦後最大の誘拐・吉展ちゃん事件」(泉谷しげる)「噂の刑事トミーとマツ」(国広富之・松崎しげる)。

*「機動戦士ガンダム」「プリンプリン物語」「俺はあばれはっちゃく」。

*「クイズ100人に聞きました」(関口宏)「人生ゲーム・ハイ&ロー」(愛川欽也)「アイアイゲーム」(山城新伍)。

*「ズームイン朝」(徳光和夫)。

*「テレビファソラシド」(タモリ・永六輔)。

*「マー姉ちゃん」(熊谷真実・田中裕子)「水中花」(松坂慶子)。