「キング」不敬事件

1月
講談社発行の月刊雑誌「キング」新年号中のコラムに、菅原道真が大宰府で詠んだ「恩賜の御衣今なおここにあり、捧げ持ちて毎日余香を拝す」をもじった句「坊主のうんこ今なおこここにあり、捧げ持ちて毎日余香を拝す」があったことから、講談社編集部には右翼、壮漢らが押し寄せ、暴れこみ、さらには伊香保温泉で静養中の野間清治社長のところにまで押しかけ談判、金銭をおどしとった。同号が、前年11月3日に初の明治節が行われた直後でもあり、「明治大帝」という特大の別冊付録つきの記念号であったことがコトを大きくした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です