「富士」創刊売切

発行する雑誌何れもその方向で第一の部数を有する大日本雄弁会議談社が多年の経験と、欧米最新式の編輯法を加味し、凡ての記事を物語式で詠ませる新工夫の雑誌「富士」はこの新年号に愈々その創刊号を出した訳だが、さてその売行は如何と、独り雑誌界ばかりでなく世間の注目をひいて居たが、出て見ると計画は的に当つて創刊早々売切、各地の書店から何分にも品がなくてはと苦情が出る始末。更に大部数再版増刷といふ盛況、こゝにまた雑誌界に新記録が出来た。
(東京日日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です