『古川ロッパ昭和日記』より

十月二日(金曜)晴
九時起き、入浴、コールゲートの石鹸で洗ふ。隣室の氷室の部屋で揃って食事、味噌汁がたよりで、五杯とかき込む。食事終って一服し乍ら、うまい西洋菓子の、パイ系統の奴をワニワニと食ひ、リプトンかヒルスブラザースを満喫したいものだなァと思ふ。昼頃の汽車で氷室と久米夏子帰京。エノモトアンマを呼び、もみくちゃにされること数刻。昼すぎ、持参の食パンを蒸して貰ひ、バタだけつけてムシャムシャ。泥の如きコーヒーを飲んだ。夕方になると、海岸を歩いて銀座へ出て、きしざわ屋へ行く。ビフテキあり、牛肉あり、鍋をとる。すき焼の方は珍しいからうんと食った。熱海は、近頃灯火管制なので町も海岸も暗い。宿へ帰ると、夫婦二組仲よく、雀台に向ひ、十一時まで二荘やる。
今日の各新聞に、アメリカの「ライフ」誌に掲載された「東京空襲予定地図」が出てゐたが、いよいよアメリカも本腰らしい。
(『古川ロッパ昭和日記』より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください