【昭和1年】大震災以後

大正12年(1923)9月1日の関東大震災で東京から明治が焼失し、江戸の名残も一掃された。江戸からの一大繁華街の浅草ひょうたん池辺の十二階も震災で倒壊し、復興の中軸は、昭和通りをはじめ中心街の道路を大幅に拡張することから着手された。じきに自動車が道をわがもの顔で走りはじめる時代がやってくる…のだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です