【昭和1年】文・学

12月
松岡譲「憂欝な愛人」
「婦人倶楽部」新年号に登場。
夏目漱石令嬢筆子を巡る久米正雄氏と松岡氏の三角恋愛事件のモデル小説。

*川端康成「伊豆の踊子」、吉川英治「鳴門秘帖」(毎日に連載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です