【昭和2年】食

*新宿中村屋で初めて飯とカレーソースが別のいれものになった高級カレーを売り出す。肉は骨つきの若鶏をもちい、薬味は初めてピクルスのきざみがつかわれた。値段は大衆食堂のカレーの5倍の50銭。

*銀座3丁目で銚子屋コロッケを2銭5厘で売り出す。クリーム・コロッケ20銭の時代。

*前年暮れ、食用蝸牛初輸入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です