もらい子殺し

静岡県小山町のもらひ子殺し犯人佐藤泰一(48)は其の後御殿場署の富山警部補、宮崎刑事、本件刑事課の田崎検事等が厳重取調べた結果、奇怪な事件が展開されて来た。同人は新潟県北蒲原郡安田村に生まれ幼少の時両親に死別し以来土方となつて各地を流浪するするうちに9人の妻をめとり、8人の子供を養育料付でもらふた。が現在は9人の妻も、もらひ子8人もことごとく死亡して居るといふ。世にも不思議な事件となつたので、富山警部補は彼の足跡をたどり過般来各地に出張調査をとげた結果、もらひこは栄養不良に陥らしめて死亡あるひは圧殺し、これが発覚を恐れ9人の妻をも殺害したものと目星がついた。
(東京朝日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です