マンションブーム

㈳日本高層住宅協会のまとめた「首都圏高層住宅全調査」によると、マンション供給量は若い層(平均年齢32歳、2、30代が全体の6割)の購入者の伸びに支えられて、51年から3年連続ブームとなっている。
53年度中に首都圏で売り出されたマンションは約58,300戸で、史上最高だった52年度をさらに約11,000戸も上回る新記録となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください