上海の革命と反革命

3月22日
上海総工会ゼネストを軸に武装蜂起し勝利。

4月7日
北四川路と虬江路との十字路に警戒中の日本陸戦隊に対して突如(7日午後11時半頃)糾察隊と思われる武装した支那人5、6名現れ発砲し1名を負傷させた。

4月12日
蔣介石上海で反共クーデター、労働者糾察隊、総工会解散、共産党幹部らを銃殺、逮捕者4,000人余。

国民革命軍の青天白日旗は、明治40年頃、日本に亡命中の孫文氏が牛込区通寺町神楽坂郵便局前の和泉屋というフランス流染物屋に注文して3,000流を造ったのが事始め。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください