不戦条約

パリで不戦条約調印、15ヵ国。

「各自国の人民の名に於て」宣言された同条約は、日本での批准において条約締結の主体が「人民」であることは欽定憲法に反すると大問題となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です