入試詐欺

日本橋久松警察署では数日前日本橋区浜町材木問屋松田某(特に仮名)方の家庭教師として雇はれてゐた沢地富三郎(33)を突然引致し極めて秘密に取調べを行つてゐるが、同人は入学試験に悩んでゐる少年を持つ家庭の弱点につけこんで多数の家庭から多額の金銭を運動費として詐欺したもので、久松署では極秘の間に取調べを進めてゐるが早くもこの事が知れ一部では百方手をまわしこれがもみ消し運動に狂奔してゐるとかでこの事件の進行は由由しき教育上の問題とならうとしてゐる。
(東京朝日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です