公営食堂で有害醤油

警視庁衛生部は先程東京市公営食堂を抜打検査した際、神田橋食堂で使用してゐた醤油15樽を押収して衛生試験所で分せき試験の結果、同醤油には人体に有害な防腐剤ナフトールが多量に含有してをり、右醤油は福島県保原町合名会社高野商店製造のもので二流品として市内に相当はけてゐるものである。
この外他の安醤油にもナフトール使用のものが多数横行してゐることがわかつて来たので、去る19日から衛生試験所が主なる醤油問題を一斉に調査した結果、おびただしいナフトール含有醤油を発見、それ等のうち千葉県笹川町多田庄兵衛製造の入正印、群馬藤岡町岡与右衛門製造の上白印、國光印、大徳印等その数1,449樽の販売を禁止した。
(報知)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です