内務省に私学生採用

内務省が明年度大学新卒業生を採用するに当り私学にも初めて官学と同様の取扱を為すことになり、私学出身者に一大福音がもたらされることになつた。即ち内務省は来年50名宛の新卒業生を採用するが、その採用者は何れも帝大出身者で私学出身は特別の紹介ある者以外は全然採用せぬ方針であつたが、今回はこの方針を一変して成績優秀にして思想堅固なる者は学校の官私を問はず人物本位で銓衡するに決し、内務省14日附公文書を以て東京、京都、東北、九州各帝国大学及び早稲田、慶応、明治、日本、中央、法政、専修、関西、立命館の各私立大学宛左記主旨の照会状を発した。

明年度貴大学を卒業すべき者にして学業並に人物優秀なるもの若干名採用致度條人選の上御推薦相煩し度此段得貴意候

なほこれは内務省が他省に率先して多年の情弊たる官学尊重を打破し機会均等門戸開放の原則を確立したもので近来の一大英断とせられてゐる。
(国民新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください