売れるのは高級品

暮の傾向はどうか警視庁経済警察部が断片的に集めた報告によれば、売行きのいい品物は衣服、織物地では高級品、道具類では箪笥、台所用品などで、売上高も前年末に比べると多い。お客の層からみれば、これらの高級品を買っていたかつての客層に比べると、軍需景気の色が濃い。
この一般的傾向とは別に、一部階級に七・七禁令によって製造禁止された1枚800円もする金糸、銀糸入りの絵羽織、裾模様を、某百貨店呉服部店員数名と染物屋が結託して闇で取引きし、女優山田五十鈴はじめ軍需成金の夫人、舞妓など40余名の不届な虚栄心を満足させていたのが発覚。た銅製品、鉄製品等製造禁止令、七・七禁令による金庫、高級火鉢、箪笥、座卓など新品がないために虚栄心の満足を古物に求め、2倍から4倍の高値で売買していた一流古物屋40余名と、そのお客約300名とがこれも検挙された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です