大東亜文学者大会

11月3日
大東亜文学者大会開会式が東京・帝劇で開かれた。司会者土屋文明氏が開会を宣し、奥村情報局次長ら関係者、菊池寛氏ら日満蒙華代表らが壇上に並び、会場には招待者ら600名が参加。開会の辞は久米正雄文学報国会事務局長であった。さまざまな挨拶の後、さらに済厳胡氏は一同を代表して聖寿万歳を三唱、大東亜万歳を一唱して正午晴れの開会式を終った。

宣誓
大東亜戦争正に熾烈なる日、東洋全国民族の文学者こゝに会し、団結一致永く我が東洋を蚕毒侵害せる一切の思想に戦ひを宣し、新しき世界の黎明をもたらさんとす。実に市場未曽有の挙なり。我等精神の戦士として深く思をこゝにいたし、この大事に挺身し、東洋悠久の生命を世界に顕揚せんとす。時あたかも明治節の佳日を以て門出とするは吾人の光栄なり。固き決意と勇猛心を以て本大会を全うせむ。右宣誓す。

11月5日
閉会。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください