大正12年来の大不作

農林省の発表するところによれば昨年度の米実収高は5,559万1,290石で大正12年来の大不作を実現した。この実収高を基礎として本年度の米需給状態を見るに供給高は

昨年実収高 5,559万石
端境期繰越米 594万石
朝鮮米移入予想高 550万石
台湾米移入予想高 300万石
合計 7,003万石

であつてこのれに対する需要高は、

内地消費高 6,865万石(推定人口6,054万人、一人当消費高1石1斗3升4合)
輸移出予想高 50万石
合計 6,915万石

で差引僅に88万石を端境期に繰越し得るに過ぎない計算となる。この端境期の危機を脱するには何うしても外米400余万石の輸入にまたなければならぬ。
(東京日日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください