大震災の余波

東京市教育局では9月の新学期を控へて市内全小学校に亘り、大震災当時下級生であつたものや、入学適齢であつた児童の成績が一般に悪く、殊に震災焼失地域内の児童は焼失区域外の児童の成績にくらべて精神上、学術上共に著るしく遜色を現してゐることが判つたので今更のやうに驚き、新学期から成績不良児のために特に設けてある「補助学級」を100級増設することになり、目下教育局主脳部で経費設備其他を研究中である。
(都新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です