夫にも貞操の義務

大審院は妻子ある夫が家出し金持ちの後家と関係を持って帰ってこないため、困窮した妻が第三者の男に頼み、脅して手切金と養育費を出させることにしたことが恐喝罪に問われた事件で、「夫にも貞操の義務があり、妻の権利を侵害した夫は妻に対し慰謝料の支払いもしくは損害賠償をなすべきである」との判決を下し、一、二審の有罪を破棄して無罪を言い渡した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です