怪盗メスリーヌ射殺

「公敵ナンバーワン」と呼ばれるパリの怪盗ジャック・メスリーヌ(42)、パリの路上で愛人と一緒に自動車に乗っていたところ、警官、武装機動隊員ら100人に包囲され、応戦する間もなく、射撃され死亡。
車体には計21発の自動小銃弾が撃ち込まれ、車ごとハチの巣のような状態だった。メスリーヌは営利誘拐2回、カナダの森林監視官2人を含む多くの殺人のほか、脱獄不能のサンテ刑務所を含め4回脱獄。400回以上の銀行強盗をしながら、貧乏人から奪わず、会計係や現金運搬係・老人・女性に暴力は振ったことのない義賊。お洒落で美男で長身、数多くの美女を愛人とした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です