早稲田の差別撤廃闘争

早稲田専門学校夜間部学生800人は、退学届を含むあらゆる犠牲を覚悟して早大講堂で、「校名改正」「組織変更」2要求をかかげた夜間学生差別撤廃闘争に9人の退停学者を出した当局糺弾の学生大会を開いた。同校昼間部は早大専門部の待遇を受けているが夜間部は10円の月謝をとりながら徴兵猶予、大学部編入等の恩典がないため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です