朝風呂よろしい

戦時生活にゆよりのある堅実、明朗性をもたせようと警視庁保安課では、14年夏から取締規則臨時措置で禁止されていた朝風呂も、塵芥など燃料さえ都合つけば届出の上、明日からでも沸してよいことになった。連日でも日曜日毎でもよく、時刻も日の出から差支ない。従って営業最短時間は午後3時から午後11時となりこれを厳守し、休日は月2回、営業時間短縮、公休以外の休業には必ず届出がいることになり、燃料がないからと勝手に休業出来ないことになった。なお入浴者道徳として「酩酊入浴、浴槽内で身体を洗うこと、洗い場の洗濯や不衛生な行為、放歌、高吟」など厳禁がきめられてある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です