東京で感冒100万人

3月
昨今の気候は暖寒の変化が甚だしいため感冒に罹るものが非常に多く、警視庁防疫課の概算によると目下東京府下だけで100万人近くの感冒患者がある見込みで調査してゐるが、2月中各種の病気で死亡したものは7,348人あり、うち感冒で死亡した者は1,682人に達して居る。
(東京朝日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です