東京市長年俸投票で決定

新進気鋭の士として期待された堀切新東京市長は、就任後の態度があまりに官僚的だと評判が悪く、この日市長、助役の年俸を決定すべく開かれた市参事会で不信任同様の取り扱いを受けるにいたった。従来の市長の年俸は2万円であるが、堀切氏の場合、「あんな生意気な若造に2万円は多すぎる、こんな時に油を取っておかないとくせになる」と市参議会員の中には主張する者が多く、「公入札しよう」という意見が出て一同がこれに賛成した。ここに市長の年俸は前代未聞の投票によって決定されることになり、その結果多数決により堀切市長の年俸は1万6,000円と決定。この市長の年俸はまったく局長級のもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です