東西相撲協会合同

東京大角力協会では本所相生町同協会本部に役員十名、年寄全部約八十八名の出席を求め定時総会を開き決算その他を発表したが、この席上震災前からの懸案であつた東西両角力の合同問題が協議され、機運漸く熟した折柄とて全員一致を以てこの春場所から大阪角力協会との合同を認め両協会大同団結して従前の東京大角力協会の名称を廃し新しく日本大角力協会とすることに決定した。
(国民新聞・1・1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください