永井荷風『断腸亭日乗』より

四月十八日。日頃書きつづりしものを整理し表紙をつけて冊子となす。これがために半日を費したり。晡下(ほか)芝口の金兵衛に至り初めてこの日午後戦国の飛行機来たり弾丸を投下せし事を知りぬ。火災の起りしところ早稲田下目黒三河嶋(みかわしま)浅草田中町辺なりといふ。歌舞伎座昼間より休業、浅草興業物は夕方6時頃にて打出し夜は休業したりといふ。新聞号外は出ず。
(永井荷風『断腸亭日乗』より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください