永井荷風『断腸亭日乗』より

四月十八日。よく晴れたり。午前執筆、午後掃庭。竹田玩古洞来訪。日暮銀座太牙に赴きて飰(はん)す。邦枝子この頃艶福あり倉皇(そうこう)として市村座に赴く。余日高子と太牙に留り初更の後家に帰る。この夕号外売台湾銀行閉店の事を報ず。三月以降銀行の破産する者甚(はなはだ)多し。余が現住せる宅地の所有主は広部銀行なるがこれも去年閉店せるなり。生田葵山君村井銀行へ貯金ある由の処この銀行も既に破産せりといふ。
(永井荷風『断腸亭日乗』より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です