爆弾の反撃

5月25日
東京・立川市の多脂革駅北口派出所に手製の爆弾が仕掛けられ、爆発。クーラー用のモーターのビニールカバーが燃えただけ。「東アジア反日武装戦線」を名乗る若い男から「権力のフレームアップ(デッチ上げ)を断固粉砕する」との予告電話が毎日新聞社にあった。

5月29日
国鉄名古屋駅構内でコインロッカーが爆発、規模は小さく、ケガ人は出なかった。「われわれは権力に対して断固戦う。東アジア反日武装戦線」との予告電話があった。

5月31日
逃亡中の桐島は岡山県福山市内の実家に「宇賀神と一緒だ、国外逃亡も」と電話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください