産児制限

都市の中産階級以下を中心に生活問題として産児制限が真剣に考えられるようになり、堕胎罪に問われる者が年々増加しているが、鳩山一郎内閣書記官長を中心に堕胎罪を罰金刑位にして、産児制限によって入学難、失業問題対策の根本とする論議が政府内で行われている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です