白蓮夫人、遊芸稼人鑑札受ける

宮崎竜介弁護士夫人白蓮女史は自作「恋歌ざんげ」の京都座上演に当たり、舞台から自作の感想を述べるため、下京区役所へ届け出ると共に府保安課で遊芸稼人三等鑑札を受けた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です