第2回敵性特許の処分

工業所有権戦時法委員会で去る8日審議内定した適正特許権及び敵性商標権第二次処分案は16日政府において次の如く決定、同日発表した。今回特許権の処分決定をみたものは、取消ありたる特許権467件、免許したる申請66件、却下したる申請783件、計849件であるが、更に今回は特に公益上の必要に基き興業所有権戦時法第4条の規定を起用して敵性商標権49件の取消しを決定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です