衆議院議場に不穏ビラ撒く

衆議院本会議で、傍聴席から1人の壮漢が、「労働者農民の死刑法治安維持法を葬れ、56議会を即時解散せよ、労働者農民の政府をつくれ」などと書かれた不穏ビラを議場に撒き始めた。議席は殆ど総立ちになって大騒ぎとなる。怪漢は文芸戦線社主幹兼発行人石井某(25)で、其の場で捕らえられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です