鉄道広告の始まり

鉄道省で計画中であつた駅構内及び省線電車内に、有料広告を受け付けやうとの企ては略決定し、4、5月頃から実施。広告の種類は額面、ポスター、電車広告、特殊広告等に分け、特別広告には塔や自動映画等も含み、全国の駅を四等級に分ち、夫々料金を異にして、駅構内も広場も待合室ホーム階段等四等級に分け、凡ての余地を利用する。
(時事新報)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です