青島の婦女誘拐

青島航路の泰山丸が10日午後1時入港するや門司水上署では挙動不審の廉ある大阪市港区鶴田町2丁目高垣仙蔵(38)同新聞記者小林天外(36)及び其連累と目するもの並に婦人を取調べると彼らは青島ホテルを本拠として之れ迄多数の婦女を誘拐したことが判明した。
尚ほ同人等の携有するトランクを検査すると其中に人の肝らしいものを発見したので厳重訊問を進めた結果、今回の支那動乱に当り支那人を傭ふて支那兵の死体から股を切り取らせ之を内地に持帰り梅毒と肺病の薬とうして売捌いた其の残りであると自白したので他に重大の犯罪ある見込で目下取調べを進めて居る。
(佐賀新報)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です