「文芸春秋」田中金脈をあばく

10月10日
立花隆「田中角栄研究-その金脈と人脈」、児玉隆也「淋しき越山会の女王」が載った「文芸春秋」11月号発行。

10月22日
社会党の寺田熊雄氏が参議院大蔵委員会で、「文芸春秋」11月号をとりあげ、首相の出席を要求して紛糾。自民党再建議員連盟が臨時党大会開催を要求。田中首相は外人記者団の質問に答えて初めて「文春」の特集記事に弁明し、「個人の経済活動と公の政治活動を混同しているのは納得できない」「財産を公開する考えはない」「文春の告訴は慎重に考える」などと述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です