ハーグ事件にカルロスの影

昨年9月、日本赤軍がオランダのハーグで起こしたフランス大統領襲撃事件は赤軍独自の犯行ではなっく、国際テロ組織の一員「カルロス」が黒幕であることが判明。カルロスの本名はイリッチ・ラミレス・サンチェス(25)でベネズエラ共産党の有力メンバーである弁護士の二男であることを確認。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です