マヤグエス号事件

5月12日
米のコンテナ船マヤグエス号(乗組員39人)がカンボジア海軍に捕獲され、米政府は強く抗議。

5月14日
タイから発進した米空軍機が、カンボジアの砲艦3隻を撃沈。タイ政府は米海兵隊1,000人をタイに送り込んだことに抗議、退去を要求。

5月13日
米海兵隊がマヤグエス号を実力奪還、近くのコータン島にも上陸。その間にカンボジア側がマヤグエス号の乗組員を全員引き渡す。また米空軍機はカンボジア本土の飛行場を爆撃、海兵隊は撤収。一方、東郷外務事務次官は、沖縄米軍がタイ急派したことは事前協議の対象外と言明。

5月16日
タイ政府は米海兵隊進駐は主権侵害と抗議し、駐米大使を召還。

5月19日
米政府は事前協議なしの基地利用に遺憾の意を表明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です