マレーシアで日本人にテロ警告

昨年暮れ、日本の借款供与によるダム建設現場で日本人女性が武装ゲリラの襲撃を受け、殺されたマレーシアで、このほど日本大使館にそのゲリラから日本人に対するテロ行為を予告する趣旨の警告状が郵送されてきたことが判明した。差出人は「マレーシア人民解放軍攻撃軍本部」で、日本政府のダム建設援助中止を求めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください