モロタイ島から台湾帰還兵

1月8日
昨年12月26日、インドネシアのモロタイ島で発見された台湾出身の元日本陸軍一等兵・中村輝夫さん(55)が、31年ぶりに台湾に帰国。妻の李闌英さん(56)と初めて会う1人息子の李弘さん(32)に迎えられた。アミ族の農民李光輝にもどった中村さんは“妻の再婚”という厳しい現実に向きあった。夫が行方不明として登録されていることを知らず、現在の夫(72)と再婚した妻の告白を聞いた中村さんは、組んでいた手を荒くふりほどいた。現在の夫も12月29日の夜からこつ然と姿を消し、中村さんに夫の座を譲ったのではないかとみられるが、結局中村さんが妻の再婚を追認。なお、中村さんに対し8日までに集まった日本からの見舞金は、総計601万4,091円、横井庄一さんの約4分の1である。

昭和54年(1979)6月15日
肝臓ガンのため死去。中村さんは帰郷後、日本人観光客相手にアミ族の踊りなどに出演したりして、ほそぼそ生計を立てていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です