大腿四頭筋短縮症

6月28日
子供の大腿への注射が原因で歩行困難となる大腿四頭筋短縮症が社会問題となっているが、さらに肩の筋肉がある三角筋に集中的に注射され両手が上がらない、などの機能障害を起こしている子供が北海道岩見沢地区だけでも190人いることが明らかに。

6月29日
医師を相手に損害賠償要求訴訟を起こしていた「大腿四頭筋短縮症の子供を守る会」が新たに国と製薬会社を被告に含めると決定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です