差別教育糾弾

11月18日
兵庫県養父郡の八鹿(ようか)高校で生徒の「部落解放研究会」設置をめぐり紛争。話し合いに応じない教職員側に講義し、解放研の生徒たちが職員室前に座り込み。また学外でも部落解放同盟が中心となって、解放研を支援する「差別教育糾弾闘争共闘会議」が結成され、20日から集会とデモを行った。

11月22日
学外のデモ行進などで騒然とし、授業ができないと同校教諭70数人が一斉に休暇届を出し、集団下校中の教職員を同共闘会議約100人が引き止め長時間に及び糾弾、43人負傷。

12月2日
兵庫県警が同共闘会議丸尾良昭議長(33)、加盟員3人の4人を監禁致傷、強要罪の疑いで逮捕。

12月12日
警官2,000人を動員し、更に7人を逮捕。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です