捨てられた愛人の復讐

10月30日
東京都葛飾区白鳥の会社社長・岩本秀一(37)の長女美弥子ちゃん(8つ)が行方不明になり、7日後の24日1,000万円の身代金を要求する脅迫状が郵送された。岩本が経営する会社の女子従業員・八文字(やつもんじ)美佐子(25)に任意出頭を求め事情を聴いたところ、美弥子ちゃんを自室に連れ込み、殺害して埼玉県大宮市丸ケ崎の山林に埋めたと自供したため、誘かい、殺人、死体遺棄の疑いで逮捕した。

11月2日
美弥子ちゃんの父親秀一の愛人であった八文字は捨てられた恨みを美弥子反を殺すことで復しゅうしようとしたと自供。そして父親の秀一は事件後事情を知り不倫の関係が明るみにでるのをおそれ、わが子の遺体を山林に埋めるよう指示、2人で埋めたことが判明し、父親の秀一を逮捕。

昭和50年(1975)6月5日
東京地裁で八文字に懲役13年の判決。

昭和50年(1975)6月10日
父親に懲役1年8月、執行猶予3年の判決。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です