田中内閣改造強行

11月11日
金脈問題に追われる田中首相が、フォード大統領来日を前に、難局の強行突破をめざす内閣改造を行い、法相に浜野清吾、文相に三原朝雄、厚相に福永健司、そして官房長官に竹下登、党幹事長に二階堂進と田中派を当て、田中、大平、中曽根の主流3派による改造内閣が発足。

11月12日
自民党の三木・福田両派を中心とする党再建議員連盟が両院議員総会開催を要求、福田赳夫が激しい田中批判を行い、椎名派を中心とする中間4派も、内閣改造に公然と反発。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です