竜神村タンパク尿児

順天堂大学医学部小児科の調査団体が18日から3日間、和歌山県日高郡竜神村で現地検診した結果、タンパク尿を出す子供が10人に1人の割合で発生していることを確認。東京の学童の約50倍という高い発生率で、これらの子供は何らかの腎臓障害を起こしているとみられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です