足利銀行で2億円横領

栃木県栃木市の足利銀行栃木支店で、偽造した預金証書を担保に2億1,000万円を引き出し、全額を男に貢いでいた同誌点の大竹章子)23)を逮捕。大竹は“国際秘密警察員”と名乗り結婚を申し入れ「組織を抜けるため金を貸してほしい」といわれた男の本名、住所、職業も知らず。捜査の結果、東京・世田谷に住む自称会社社長の阿部誠行(25)であることがわかった。阿部は愛人と逃避行。愛人は9月17日に金沢市で、阿部は翌日東京・五反田で逮捕。宇都宮地裁は阿部に懲役8年、大竹に3年6月の判決。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です