初のプロレス

9月30日
日本不具児童救済資金募集のわが国初のプロレスリング試合がメモリアル・ホールで行われ、米・加・仏・エールの6ヘビー級選手が戦ったが、反則おかまいなしでリング外へ投げ飛ばしショーマンシップに徹した。ハワイの坂田選手はエールのバーガー選手に2-1で勝利。このプロレス一団に元関脇力道山が参加、芝・水交社で猛練習。

10月20日
力道山プロレス初登場。米のブランスと引き分け。

空巣の名人検挙

昭和23年11月東京地裁で懲役3年の判決を受けながら2日前保釈になったまま逃走していた3年越しの指名手配空巣犯木村正美こと下山一雄(36)が検挙された。この3年間に本所・深川をのぞく全都内で200余件3,000万円余の空巣をはたらき、盗品は京都市蛸薬師上ルの市古物商組合長井原盛(54)=8月4日検挙=あてチッキで送り、自分は在日某国商会の身分証明で専ら外人専門タクシー、進駐軍用2等車を使い職質をさけていた。ガラサウを外す手口は名人わざといわれる。

日共等本部も売りに

日共の千駄ヶ谷駅前の関東地方委の建物が180万円でデザイン会社に買いとられ、この日登記がなされた。代々木の党本部もすでに売りに出されており、代々木の三角地帯の代々木クラブは中華料理店、診療所は牛乳店、アカツキ印刷も名古屋の印刷会社に身売り。アカハタ停刊以来代替機関紙がつぶされ検挙、差し入れ、地下潜行など財政が苦しいと見られる。