ビートルズ来日

午前3時39分、ビートルズ羽田着。警備は厳戒を極めビートルズの4人は宿舎の東京ヒルトンホテルから外出禁止。レノン、マッカートニーは変装して外出しているのを発見され大騒ぎに。公演は武道館で6月30日~7月2日まで計5回、1階席はなしでステージと客席を隔離、2階席にも頑丈な鉄柵、各所に警官を配置し、観客は席から立ち上がることも厳禁。会場周辺には都内の高校教師らが生活指導のため並んだ。動員された警官数述べ8,370人、補導された少年少女6,520人。竹中労はビートルズ公演の厳戒態勢が「70年安保弾圧の予行演習になった」と位置づけた。ブルジーンズ、ドリフターズの前座演奏のあと「ロックン・ロール・ミュージック」から「アイム・ダウン」まで11曲で35分間、7曲目の「イエスタデイ」を除いて演奏はほぼきこえない熱狂ぶり。ビートルズはど~せ聞こえないのだからと口をパクパクやっているだけで声を出さなかった曲もあった、という話まで真実性を持った。

長髪、男女交際認めよ

神奈川県足柄上郡にある仏教系の私立松田高校の男子生徒650人全員が授業を放棄、緊急生徒会を開き「長髪、男女間の交際を認めよ」など13項目の要求を学校に提出。学校側は長髪を認めると約束、他の要求項目は28日以後話し合いで解決するとした。なお同校には女子生徒550人がいるが、授業放棄に参加しなかった。

無給医(インターン)の実態を訴える統一行動

全国13大学で無給医局員の約3分の1、4,000人が大学付属病院での無給医局員制度の改称と医療制度の改善を目標に、「無給医(インターン)の実態を訴える統一行動」を実施し、診療をストップした。

高校生の生徒会認めよ

6月14日
神奈川県私立平塚学園高校で厳しい校風に反発した生徒2,200余人が非常ベルを合図に教室から飛び出し、校舎の窓ガラスをたたき割って授業を放棄、各学級代表の委員72人が生徒会、父兄会を認めよ、クラブ活動の拡充
大沢理事長は横暴な態度を改めよなど20余項目にわたる生徒側要望事項をまとめ、学校側と交渉した結果、大沢理事長は人事問題の2、3を除いて認め「私の責任で実行する」と譲歩。

6月16日
学校側と生徒、父兄が集まり、今後の学校運営を協議。

2・11建国記念日決定

6月3日
祝日法改正案で対立の与野党が山口喜久一郎衆議院議長の調停により、建国記念日の日取りを決める審議会の設置で妥協。

6月7日
衆議院通過。

6月25日
参議院通過。9月15日を敬老の日、10月10日を体育の日とする国民祝日法改正公布。なお、建国記念の日は6ヵ月以内に政令で定める。

7月8日
政府が建国記念日審議会を設置し、菅原通済ら10委員を委嘱。

7月28日
初会合。

8月
桑原武夫・末川博・江口朴郎氏ら学者・文化人884人、2月11日を建国記念日とすることに反対の声明。

12月8日
同審議会が建国記念日を「2月11日」と答申。

12月9日
公布。